司法書士法人ジェネシス司法書士法人ジェネシス

TOP

キャリアストーリー
司法書士になるまでの道のりを振り返ってみました。

キャリアストーリー

私は会社員だった頃に、人の役に立ちたいと思い法律家をめざしました。目標に向うためにも、一旦会社を退職し受験勉強一筋で挑んでおりました。がしかし結果は2年集中し受験に挑みましたが、失敗でした。失敗し自分には司法書士は向いていないのではと自分に言い訳をし、資格取得をあきらめようとしていた時に、司法書士法人ジェネシスの求人を見て、大石代表の志が高く、一緒に仕事をしたいと強く思うようになりました。

面接時大石代表より、『仕事と受験勉強を両立出来る環境を出来る限り準備するので、一緒に働いてみませんか?』と言って頂き、法律事務所未経験で入社し右も左も分からない状態でスタートしました。実際入社をすると、多岐にわたって仕事があり、教科書とおりの事はほとんどありませんでした。そういったときには、周りの先輩方々が丁寧に解説を入れて業務の説明を頂きました。事務所では、ひとつのステップをクリアすると次へのステップアップとし新しい業務へどんどん取り組ませて頂きました。おかげで入社した時には、おどおどし、自信がなかった私ですが、ジェネシスの一社員とし、責任感、依頼者のために何ができるのかといったことを考えられるようになりました。

仕事は順調にいっていましたが、勉強に関しては・・・。勉強ももちろん順調でした。ジェネシスの仕事は時間内に全て終わらせて、残業がないようにし、帰宅後は集中し受験勉強に励みました。順調な日々を過ごしていましたが、試験が近づくとだんだん不安になり、仕事にもミスが目立ち、落ち込む事が出てきました。そんな時大石代表が何気なく声を掛けて頂き、私の不安なことや、今後私が資格取得し、独立をした時に生かせるよう良きアドバイスをしていただきました。先輩社員の方々も仕事のミスに対しての改善点を一緒に考えて下さいり、低迷していた私の気持ちも回復しまた一生懸命仕事と勉強へ打ち込めました。

そのようにして私は司法書士試験へ挑み長年の夢であった司法書士試験を突破いたしました。途中で何度もくじけてしまいました。その時に勉強を投げ出していたらきっと今の喜びの気持ちは味わえなかったと思います。

自分一人ではきっと司法書士試験も厳しかったと思います。大石代表や信頼できる仲間がいたからこそ、今の自分があるのだと思います。これからは私が先輩社員になりますので、自分緒経験や知識を後輩になる皆様へ伝えていければと思います。

Copyright 2018 司法書士法人ジェネシス All right reserved.